« 高速道路、特にトンネルの空気は汚い | トップページ | レビュー記事に見る、ミライースの乗り心地 »

2012年1月12日 (木)

ミライースのタイヤ空気圧は2.6kg、アルトエコは2.8kg

軽自動車NA車の燃費競争が興味深いが、ミライースの30 km/L → 30.2 km/L と刻んできたアルトエコの記事を読んでびっくり。

【スズキ アルトエコ 試乗】乗り心地の良さに驚かされた第三のエコカー…青山尚暉

30.2km/リットル達成のためにはアルト同グレード比20kgの軽量化、15mmの車高ダウンと(中略)エアロフロントバンパー(中略)燃料タンクは標準車の30リットルから20リットルへ。ただしタンク自体は同じもので、ガソリンが20リットルしか入らないように工夫しただけだ。ガソリンの比重で計算するとマイナス10リットルだから約7.5kgもの軽量化(中略)タイヤ空気圧を聞いてびっくり。ミライースは2.6kg/平方cmとパンパンで、乗り心地は想像通り褒められるものではなかった。が、アルトエコはさらにパンパンな2.8kg/平方cmだ!もちろん、転がり抵抗最優先の専用(中略)感心させられたのが、何と乗り心地(中略)タイヤの剛性をあえて下げたり、手間をかけた足回りのチューニングによって、硬めとはいえ重厚かつフラットな乗り心地を実現!(中略)市街地ではたとえキツい段差越えでもショックの角が丸められ、まったく不快ではなかった。エンジンも(中略)実に質の高い、3気筒らしからぬ回り方をするし、巡航時の静粛性もなかなか(中略)アイドリングストップ機能は停止前の時速9km以下で作動。(中略)街乗りの実燃費は20~23km/リットルだったから、400kmは走れる計算
ミライースのタイヤ空気圧は2.6kg/平方cmで、「乗り心地は褒められるものではない」が、アルトエコは2.8kgながら「硬めとはいえ重厚かつフラットな乗り心地」。そうですか。そういう情報を聞いたら、アルトエコにしか目が行かなくなる。

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 高速道路、特にトンネルの空気は汚い | トップページ | レビュー記事に見る、ミライースの乗り心地 »

コメント

初めてコメントさせていただきます。
別の試乗レポート↓には
http://autoc-one.jp/suzuki/alto/report-951962/

「路面のデコボコを拾いやすい。」「走行安定性と乗り心地ならミラ イースが優れる」って書いてありますけど,どうなんでしょうね(・・?

私自身はミライース(G)に2ヶ月ほど乗っていますが「乗り心地は褒められるものではない」とは全く感じていません。
確かにタイヤの空気圧が高いな~って感じられる場面は皆無ではないですけど,ある程度の速度で走っているときは極めて快適ですよ。
ま,アルトエコは燃料タンクが20リットルと言うのが一番のネックでしょうけどね。
10年以上乗ってた古いミラが40リットルで,30リットルになったミライースの量でも不満に感じてしまっていますし…。
(燃費は良くなったけど,ガソリンスタンドに行く頻度は同じ,スタンドに給油に行くのはやっぱり手間ですから,少ないに越したことはないし^^;)

投稿: kei | 2012年1月12日 (木) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92480/43712718

この記事へのトラックバック一覧です: ミライースのタイヤ空気圧は2.6kg、アルトエコは2.8kg:

« 高速道路、特にトンネルの空気は汚い | トップページ | レビュー記事に見る、ミライースの乗り心地 »