« 電動自転車バイク「Voltitude」 | トップページ | 新東名の制限速度は従来と変わらず100km/h »

2012年4月12日 (木)

軽の商用ワンボックスの衝突安全性

てんかんによる大規模死亡事故がまた起こったようだ。最早、政策上の猶予はない。

ここでは視点を変えて、運転手が死亡した事故車の事。軽の商用ワンボックスが真ん中で電信柱に激突し、ドライバーが死亡。おそらく60km.h程度だったろうか(証言から)。映像から見て、三菱のミニキャブバンのようだ。

NASVACで調べてみると、フルラップ運転席が1、オフセットが2という評価だった。

スズキエブリイはフルラップ運転席が2、オフセットが3だから、それなりに車種による違いはあるのだ。
ダイハツハイゼットはフルラップ運転席が1、オフセットが4。

合格点は5だと思うので、いずれにしてもかなり低評価なのは、事実である。

#訂正:正しくはホンダアクティでした。後ろからの映像にHマークが見えていました。NASVAで該当車種が無いので2001年のバモスを見ると、フルラップ運転席が1、オフセットが3。

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 電動自転車バイク「Voltitude」 | トップページ | 新東名の制限速度は従来と変わらず100km/h »

コメント

 車輌はホンダアクティではないでしょうか?

投稿: BB | 2012年4月27日 (金) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92480/44856304

この記事へのトラックバック一覧です: 軽の商用ワンボックスの衝突安全性:

« 電動自転車バイク「Voltitude」 | トップページ | 新東名の制限速度は従来と変わらず100km/h »