カテゴリー「イベント」の記事

2010年8月14日 (土)

PACIFIC PEDAL LIFE DESIGN

偶然なのであるが、ミッドタウンの5階デザインハブで展覧会をやっていた。

PACIFIC PEDAL LIFE DESIGN

なんか分かったような、なりきれてないような。しかしまあ、十分に尖っている風でもあり。コンセプト先行だが、展示としては微妙。展示コストは、それなりにかかっているが、入場無料。パンフレット代わりの新聞は、興味深い。サイト内でも公開されている。

そもそもの仕掛けは、Tokyo Design Flow。なるほど、ここのコンセプトやテイストは、今回の展示と同じである。

にほんブログ村 自転車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

1000kmチャレンジの条件

プリウスで1000マイルチャレンジ(1609km)というのがある。7日朝の出発。平均33~34km/Lらしいが、これだと2000kmは無給油で走れる領域だ。

ゆらたく屋

新型プリウスより、改造した旧型プリウスの方が少しいいのは、さすがというか。新型インサイトもいい線を行っているが、31km/Lくらいらしい。(3車とも走行距離の精度が不明。やはりGPSを使わないと)

素のVitzでチャレンジしたいところだが、チャレンジできるのは1000km無給油。それもぎりぎり。タンク容量は42Lだから、理論上は23.8km/Lでよい。これは、非常に条件がよければ、出る数値らしい。問題は、そのベストをいかに維持できるかだ。実際のチャレンジでは42Lを使い切るガス欠にはなれないから、36Lを使ったくらいの時点=燃料計が7セグメント使った時点くらいを目処にしたい(そこで燃料計が点滅を始めてしまう)。仮に36Lちょうどなら、856.8km走っていればよい。もちろん満タン法で、36L以上を使った時点で、23.8km/Lの燃費を越えていればよいという事にする。問題点は走行距離を計るには、オドメーターでは精度が悪すぎる点。これはGPSを何らかの形で補助的に使うしかない。

このチャレンジのためのチューニングだが、何よりまず、タイヤはエコタイヤ。由良拓也氏は独自のエアロパーツを付けている。ホイールカバーは真似したいところだ。特にリアホイールハウスカバー(ホンダの名称はリアホイールスカート)。あれ、冷却はどうなんだろう。まあ、フットブレーキを多用するような走行はありえないけど。Vitzでリアホイールカバーを求めるには、どうしたらいいのだろう。ただの特注か?

Car130_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

bike-conscious life

bike-conscious life

西武(西武系)で、4月から5月にかけて期間限定でやっているキャンペーンだ。期間は店舗によって若干異なるが、ゴールデンウィークを挟んだ期間だ。

タイトルで想像される通りのコンセプトだ。結構大掛かりだし、なるほどな、という理詰めの感じすらしてくる。自転車も売っているが、デパートのスポーツコーナーでは、どこまで本気か分からない。メインはアパレルだ。組んでいる相手がマガジンハウスのHanakoで、街散歩という振りもある。トークなどのショーもあるし、サイクリングイベントもある。

ただ、このキャンペーン、自転車ブームを感じている人には通じるが、そうでもない人には、スルーな気がしないでもない。今のデパートは、厳しい御時世の中、こうした取り組みは理解できる。このキャンペーンには、ちゃんと筋が通っている。これは偉いし、上手いとは思う。

自転車のブランドは一部ない気はするが、各社のおしゃれなクロスバイク(各種ブランド)やミニベロ(ブルーノ等)、折りたたみ(DAHON)が結構な数展示されているようだ。個人的には、DAHONのバイクが各種(普段あまり見ないものも)展示されていたので、うれしかった。

にほんブログ村 自転車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

スズキ歴史館が開館

この不況のさなか、2008年に既に在庫を減らしていた、スズキが何かと注目されている。

俺は、中小企業のおやじ

注目の的は、何と言っても鈴木修会長(今は社長に返り咲き)。この人に自分が注目したのは、「チョイノリ」の開発秘話を紹介したドキュメンタリーだったように思う(それ以前の事は覚えていないだけかもしれない)。

チョイノリは排ガス規制の強化に対応できずに国内では生産ストップしたが、割り切りの面白い、一種の名車(有名車か)と言ってもいいだろう。燃費自体は40~50km/Lくらいか。

発表当時のプレスリリース
Wikipedia:チョイノリ
興味深い試乗レビュー

ところで、興味深いことに、(こんな時節ではあるが)スズキ歴史館が開館した(中日の記事Responseの記事)。

完全予約制。一般公開は4月13日以降だが、基本的に金土日・祝日は閉館(他にも月一の休みがあるようだ)。

Car130_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ハンドメイドバイシクルフェア写真

ハンドメイドバイシクルフェア@科学技術館の様子
2009hbf

何と言ってもSANO MAGICさん。
2009hbf1 2009hbf3 左が1号機、右が3号機のはず。

幼児二人乗り2009hbf2 で一番良かったと思ったもの(思っただけですが)
絹自転車製作所さん。一番安定感があると思った次第。あと、壁に写真があるが、サドルを持ち上げると、そのまま立つ(?)。置く面積が少なくなるというのがメリットだが、立たせると、凄く高くなってちょっと怖いかも。

にほんブログ村 自転車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

ハンドメイドバイシクルフェア@科学技術館

2009ハンドメイドバイシクルフェア
 日時:2009年1月16日(金)~18日(日)

  • 16日(金) 午前11時~午後4時50分
  • 17日(土) 午前9時30分~午後4時50分
  • 18日(日) 午前9時30分~午後4時50分

 会場: 科学技術館1階
 部門:
  ・コンペティション(競技用)部門
  ・サイクリング・シティバイシクル部門
  ・高齢者向け自転車部門(試乗あり
  ・幼児2人乗せ自転車部門(試乗あり
#情報のみ。面白そうである。

にほんブログ村 自転車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

まぼろしのスーパーカー展

広島市交通科学館スーパーカー展 担当者日記

スーパーカー展第2弾「まぼろしのスーパーカー展」(2008.7/19~8/31)

マツダRX500が展示されるそうだ。ランボルギーニ ミウラは常設展示のものだが、あと少なくとも童夢 零は来る。他にもあるはずだが、よく分からない。期間的には夏休み企画ですね。ちょっと見てみたいかも。

Car130_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

CO2削減EV洞爺湖キャラバン

日本EVクラブが6月20日~26日に「CO2削減EV洞爺湖キャラバン」を行うそうだ。東京から洞爺湖まで、電気自動車<「i MiEV」と「R1e」>で行くというキャンペーン(イベント内容)。

ところでEVへの世間のイメージが興味深い。電気自動車の電気代がガソリン代よりべらぼうに安いことを知っているのは僅か9%なのだ。ちょっと計算してみると、10万km走ると、電気とガソリンの差額は158万円に達する。まあ、その分がバッテリ代と考えてもそう間違いではないのだが。ただし、整備コストは入っていない。おそらくガソリンエンジンより手間が少ない(=ローコストだ)と思うが、その辺のデータは知らない。

Car130_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)